肥満外来を受診しよう

肥満治療薬
■肥満にお困りの方にオススメな治療薬です

肥満は動脈硬化を起こし、多くの生活習慣病の原因となるので、健康診断などで注意された人は痩せなければなりません。
しかしメディアで取り上げられた最新の情報や自己流ダイエットでは、限界があり思うように減量できません。
そこで専門的に治療を受けられる肥満外来に行きましょう。医師だけでなく栄養士なども治療に加わることで、高い成果を上げています。
ある肥満外来では、3ヶ月で患者の体重を10%減らすことを目標にし、成功率は90%以上を誇っています。
治療と聞くと厳しくて長続きしないイメージがありますが肥満外来は無理のないダイエットが大きな特徴です。
血液検査や内臓脂肪の付き方を見ることで、現状を正しく認識します。次に普段の食事内容を聞いて運動の頻度など、大まかな生活習慣をチェックします。
そこで痩せられない理由を見つけて、無理のない範囲でプログラムを作成します。特別な努力をしないで体重が減るので、治療を止めてもリバウンドしません。
効果が出るには時間がかかる方法でも、体質を変えているので太りにくくなっています。
ダイエットでは必ず体重の減少がストップする停滞期が訪れて、多くの人を挫折させます。肥満外来では専門家のサポートを聞くことができ、精神面でのフォローが徹底しています。
エステやジムにもダイエットの相談に乗ってくれる人はいますが、専用の治療薬を処方できるのは肥満外来の強みです。
日本ではマジンドールやオブリーンなどの有効成分を配合した治療薬が処方されます。これらは食欲を抑制する作用があり、脳からダイエットする体制が整います。
医薬品の副作用が心配な人には、漢方薬や生薬など効き目がマイルドな薬も用意されています。

こんな症状に心あたりの方は肥満外来へ

肥満に端を発した生活習慣病に罹ってしまったり、肥満であることが理由で自分に自信が持てなかったり、太っていることのメリットはほぼ無く、むしろデメリットしかないと言っても過言ではないでしょう。
とはいえ自己流でダイエットするのは難しいものです。肥満と判定された人は食欲やストレスに負け、ダイエットを途中で頓挫した人も多いのではないでしょうか。
そんな心当たりがある人にお薦めしたいのが肥満外来です。
特に、
・BMIが35以上である
・上記に加え糖尿病や高血圧、脂質異常症を指摘されている
・睡眠時無呼吸症候群である
・体重が重いことによる膝痛や関節痛に悩んでいる
といった症状に該当するようならば保険適用の上で治療を受けられるので、一度近くの病院を受診してみると良いでしょう。
肥満外来を受診するメリットは多岐にわたります。
まず医療機関であるので、医師だけでなく管理栄養士やカウンセラー、薬剤師といった専門家によるサポートが受けられること。
自己流のダイエットと違い、サポートがあるとやる気や持続力も格段の差がでるものです。
また肥満遺伝子を調べ、肥満の原因をヒアリングし太っている原因が何かを突き止めます。性格によるもの、生活習慣や食習慣と原因は人それぞれです。各自に合ったダイエットをプランを構築してくれるので、栄養失調に陥ったりとしった心配もありません。
既に病気にかかっている場合も病気に影響を与えない薬を処方するといった処置をしてくれるので安心ですね。
その他にもリバウンドしない為の心構え、ダイエット中に辛い時には話を聞いてもらうことも出来ます。
こうしたサポートのおかげで通院者の多くはダイエットに成功し、またその後も体型を維持している人が多いのです。
メリットの多い肥満外来。失敗を繰り返し痩せにくい体になる前に、是非受診することを検討してみましょう。

肥満外来で行う肥満改善

肥満は自力で改善するしか方法がないわけではなく、病院で診察してもらうこともできます。もちろん、基本的に肥満の原因はカロリーオーバーなので、なぜ肥満なのかという診察をしてもらうわけではありません。
では、どういったことを看てもらえるのかというと、まず、体をチェックされます。太っている人は、健康診断を受けて自分の健康状態を把握しているという人は少ないので、医学的なデータを出して、自覚させるわけです。チェック方法にはいろいろありますが、血液検査だけでもいろいろなことがわかります。たとえば、中性脂肪の値であったり、尿酸値などです。これらの数値が高ければ、なんらかの病気にかかってしまう可能性が高いということになるので、医者はそれを伝えるのです。また、血圧の測定ももちろん行います。
肥満外来では入院する場合もあります。この場合、入院食になり、普段食べているようなものは食べることができません。ただ、ちゃんと栄養が計算されていて、カロリーも調整されているので、食事をしながら体重を落としていくことが可能になります。入院中は授業のようなのものも行われます。たとえば、現在の食事メニューからどのようなものに変えていくといいかといったことを学ぶわけです。
標準体重よりかなり重く、ダイエットのために運動量を増やそうとすると体に問題が出そうという場合は、薬による治療が行われます。この薬は、飲むと食事をしたいという気持ちが減退するもので、食べなくなるので摂取カロリーが大幅に減り、体重が減っていきます。気持ちに頼らないので、薬を飲んでいる間はかなり簡単に痩せることが可能です。
薬によってある程度体重が落ちて、運動が可能になったら、その指導も行われます。
■肥満を解消したい方はこの薬を試すのもアリ!
ゼニカルでダイエット