アーカイブ | 4月 2016

  • 肥満と利尿剤と食品について

    肥満は脂肪もたっぷりですが、以外に無駄な水分も蓄積されがちです。
    むくみがひどいならば利尿剤であるオイテンシンやラシックスでむくみを解消するとすぐに楽になります。

    また天然食材の利尿剤であれば、医薬品の服用のような、副作用の不安を考えることもありません。
    肥満は過剰に食べ過ぎてしまったことが大きな原因ですから、解消も食品でリセットしましょう。
    ダイエット用の健康食品ではなく、天然食材を使って、ヘルシーなダイエットをすることで、本当の健康も手に入れやすくなります。

    肥満解消にもなって、むくみを取るのにも役立つ食品には、いろいろな種類があります。
    利尿に効果的な食材と言えば、ほとんどが水分のきゅうりです。
    カロリーはほんのわずかでありながら、食感もあってよく噛むこともできますから、ダイエットにもピッタリです。

    カリウムを豊富に含むきゅうりは、成分がナトリウムと交換分解をしますから、体内の不要な水分排出を促進させます。
    利尿効果を向上させるのであれば、煎じるのもよいでしょう。

    利尿剤として昔から重宝されてきた食材は、根菜類のごぼうです。
    含水炭酸のイヌリンを含みますから、腎臓機能を順調に働かせることができます。
    ごぼうは毒消しの食品とも言われますが、こうした働きもあるためです。低下した腎臓機能を良い状態へと高めてくれます。

    そうなれば蓄積された老廃物の排泄は、自然に促されることになりますし、発汗作用ももたらします。
    こうして体内を巡る血液までも、キレイな状態になります。
    余分な上細胞内に溜まった水分も一緒に排出されますから、体のむくみはどんどん消えていきます。
    ほかにも、人参の種子を煎じて、それを飲むことでもむくみや腎臓治療になります。

  • 肥満を解消した体験談を読み、ランチの中身の改善を

    インターネット上には様々なサイトが溢れていますが、ダイエットについてのブログやSNSが本当に増えてきました。いかに世の中の人たちが健康について考えているかが分かりますし、自分が肥満解消に成功した体験談を他の人にも積極的に教えたいという気持ちが伝わってくるようです。
    その中でも特に多いのが、自分がいかに食事内容を改善して肥満から脱却したかという体験談です。確かに食事は運動と同じかそれ以上に肥満解消に重要なことですし、こういった体験談はこれからダイエットを始めてみようという方にすごく参考になるはずです。
    ダイエットをする時に、多くの方が食事内容を今よりも良くしたいと考えるはずです。例えば朝ごはんを抜いてみたり軽めにしたり、夜に飲むお酒の量をなるべく控えようと努力をしたりしていることでしょう。こうしたやり方はもちろん効果はありますが、長く続けているとどうしてもストレスを溜めこんでしまいます。ダイエットはなるべく楽しみながら続けていくべきですし、健康を損ねないためにもじっくりと行っていくことが大切です。そこでおすすめなのが、ランチに一工夫を加えることです。
    そもそもランチは朝や晩の食事に比べるとそれほどたくさん摂取する必要はありませんし、まずそこまでお腹いっぱい食べる人は少ないのではないでしょうか。学生は午後の勉強がありますし、サラリーマンやOLは仕事の続きがあります。そんな時にたくさん食べてしまっては、学業や仕事に支障をきたしてしまいます。
    そこでランチをプロテインや健康食品などの低カロリーのものに置き換える、炭水化物を減らして野菜を多めに摂取するなど、健康的にアレンジするべきなのです。ランチタイムを好きなように工夫することで、ゆっくりとリバウンドせずに体重を落としていくことがきっと可能なはずです。