アーカイブ | 5月 2016

  • もやしとこんにゃくで賢く肥満体型の対策を

    肥満体型からの卒業を真剣に考えるなら、やはり食生活の大胆な改革が必要です。
    ダイエット活動と言えば、世間一般では筋トレやジョギング、ジムトレーニングが推奨されていますが、効果の程は個人差があります。
    一個人がジョギングや筋トレで消費出来るカロリーは実際問題としてごく僅かだからです。
    少し身体を動かした程度ではほんの200から300カロリー程度しか消費出来ません。
    そしてそのカロリー数は菓子パン一つ以下の消費カロリーになります。
    運動不足の解消にはなりますが、返って筋トレやジョギングで空腹感が増えてしまい、反動からどか食いをしてしまう肥満体型の人々も珍しくありません。
    また肥満体型の方々にとって、筋トレやジョギングはハードワークな事が多いです。
    膝や足腰に掛かる負担も強く、怪我や事故の原因にもなります。
    運動による肥満解消もおすすめですが、それよりも食事内容を改革し、脂分の多い唐揚げや天ぷらを食べる機会を減らしましょう。
    そして、こんにゃくともやしはダイエットを助ける優秀な食材です。
    ステーキをお肉そのものからこんにゃくに置き換えればカロリーが大幅ダウンします。
    また焼きそばを作る際ももやしを大量に追加すれば、大量のもやしを食べている間に満腹中枢が上手く刺激され、お皿一杯分で満足出来るようになります。
    またこんにゃくには豊富な食物繊維が含まれており、腸内環境を綺麗に維持出来ますので、便秘によるポッコリお腹の対策に役立ちます。
    毎日は無理でも、一週間の間に数日、こんにゃくともやしを使ったステーキや焼きそば、ラーメンなどをメニューにプラスしておけば、カロリーダウンが無理なく図れます。
    またその2つの食材はスーパーマーケットでの値段も安く、家計にも優しいメリットがあります。