アーカイブ | 9月 2016

  • 肥満に効果的な夜トマト置き換えダイエット

    野菜には食物繊維やビタミン、カリウムが豊富に含まれています。
    生活習慣病のリスクが高い方ほど、野菜を食べていない傾向があります。
    野菜をたっぷりと食べている方は、適度な満腹感を得られやすいので暴飲暴食を防げるのです。
    肥満に悩んでいる方は、置き換え式ダイエットの食材として野菜を活用してみましょう。
    トマトはアレンジしやすい食材なので、夜トマトの習慣を身につけましょう。
    夜は最もカロリーが不要な時間帯なので、本来は夕食のカロリーを最も減らすべきです。
    しかし、多くの方は夕食のカロリーが最も高くなっており、必然的に肥満を招いています。
    夕食を食べてお風呂に入ったら、あとは眠るだけという方が多いでしょう。
    就寝中も内臓を動かすために基礎代謝は働いていますが、日中ほど多くのエネルギーは必要としません。
    本気でダイエットをしたい方は、夜トマトを活用した置き換えダイエットを活用しましょう。
    夜トマトダイエットのコツは、空腹感がなくなるまでトマトを食べることです。
    就寝前にお腹が減ってしまい、お菓子を食べるようでは逆効果となります。
    眠ってしまえば空腹を感じないので、就寝までに空腹をしのげる程度に食べておきましょう。
    トマトは非常に低カロリーなので、たくさん食べても太ることはありません。
    置き換え食材としてこれほど適したものはないでしょう。
    夜トマトダイエットで注意したいのは、ドレッシングなどの調味料はノンオイルを使用することです。
    通常のドレッシングはかなりの脂肪分が含まれているので、大量に使用して食べると肥満の原因となります。
    あらゆるカロリーの中でも、脂肪は最も高カロリーなのです。
    1gあたり9kcalもあるので、ドレッシングを30g使用するだけで270kcalにもなります。
    ドレッシングはノンオイルタイプを使用するのがコツです。